Page: 2/29  << >>
チェルシーフラワーショー
JUGEMテーマ:旅行
友人からチェルシーフラワーショーについて聞かれたので、ブログにUpしています、
ちょっと前です、2014年の5月 Docomo_kao8

朝一番がおすすめです。昼前ぐらいからずいぶん人が増えてきました。

日本からツアーが結構あるのですね。
午後から日本人団体さんにあったのですが、滞在時間が短いようですし、
結構混みあっているので、じっくり見たい人や、自分で好きに行動したい人は個人で行かれることをおすすめします。

観光地人気のロンドン、そしてここチェルシーフラワーショーの会場にはバスも出ていますし、
有名なイベントなので、わからなければ現地の人に聞けば丁寧に教えてくれます。

チェルシーフラワーショーは人気があるので前売り券が必要なようです。
ネットで予約できます、時間とかレストランとかも細かく予約できますよ。
パンフレットもそこで購入すると安いようです。
予約は早めのほうがよさそうです。

全部で6時間ぐらいゆっくりと見ました。
さらっと一周して、気になるものは再度見に行ったり、混んでる場所は空いている
タイミングでのぞいてみたり。

どの景色も印象深いものでした、その一部を紹介します。

庭園コーナー
豪華な花が咲き乱れているわけでなないのですが、平和な静けさのある景色に
癒されます。


常緑の木々が多ければ、冬も寂しくない風景が楽しめそうですね。


かわいらしい風景

地植えでなくて、大きな鉢で季節によってディスプレイを変えると
いつも花の咲くガーデンができそうです。

個人宅でもこういったサンルーム(?)温室をよく見かけました。
(オックスフォードに住んでいたとき)
雑然とした風景ですが、バランスのとれた配色、
ガーデニングを楽しむオーナーの雰囲気が伝わります!

屋外のディスプレイで一番人気は・・・なんと、日本の庭園 
毎年、賞を獲得している有名な方↓
(http://www.kaza-hana.jp/profile/)

人が多すぎて、近寄れない・・・朝一番に来るべきでした!

確かに、他にはない異質(?)な雰囲気!
まるまるとしたコケがてんこ盛りなのと、小さなお座敷があったり・・・
樹木もたくさん、こんなにたくさんの草木を運ぶの・・・たいへんだっただろうなぁ〜

外のディスプレイもですが、テント内の屋内エリアも、ささっと一通り・・・
が、広っ!

すごいボリュームです!


ブログにするのはたいへん・・・なので、一部だけ紹介

あちこっち、目移りするすごい景色・・・





フルーツも大活躍!

高さもあるので、ど迫力! リンゴやアスパラガス、ピーマン、とうがらし・・・
これは赤色を集めていますが、白やグリーン、黄色も花とフルーツの同色ディスプレイが見事でした!


一番多いのは、やはりローズです

あちこちで、個性あふれる、豪華なバラ園が。

バラの香りみたされて、みんな幸せ

花の種類ごとにディスプレイ



菊のサイズが大きい!!!
そして、完璧な満開!

出品者のスタッフさんがいるので、その人たちとの会話も楽しい
きっと何度も、すばらしいですね!って言われてるのに、
わたしも、すばらしですね!って聞いても
笑顔で花の説明や育てた過程を丁寧に教えてくれます!


よく知っている花ももちろん、

珍しいものもたくさん!

溜息ものですね〜

ディスプレイ方法も工夫が凝らされていてすばらしい

意外と多かったのが、盆栽


お庭の西洋盆栽?! 花のない季節もお庭を楽しくしてくれますよね!


テーマは地域というディスプレイも
サバンナ?




水のある風景

コケシダ類の風景 水音もいいですね

川の水、流れてたり!


巨大エリアはタイでした

ぐるっと一周するのも時間を要するぐらい大きくて、迫力!
ちょっと花が傷んでたのが残念ですけど。

予約していたランチタイムがやってきたので、会場へ

知らない人とも、会話ができて楽しいですよ!
日本人だとわかると、日本庭園のすばらしさをほめてくれてうれしです、
・・・ただ、知識がないので詳しくお答えできないのが残念、それに英語力もねぇ〜
学ばなければならないこと、多いなぁ・・・

コースは前菜と、これはメイン そしてデザート おなかいっぱいになります

ランチの後は、また見学

フラワーだけでなく、
こんなショーも 


販売のブースもたくさんありました



小物から

大物まで!!! 子供の遊び場!これ販売の見本です

イギリスでは、素敵なお庭をたくさんみかけますが、
土地に余裕がある場所ではパティオや、屋外キッチンなんかもあり
ほんと、憧れます!


絶妙なバランスで、素敵な風景〜!

庭石?もいいなぁ


お野菜たちのコーナー
どれもいきいき 
それにしても、花も草も野菜もどれもイキイキとしていて、一番いいタイミングに
見えます、すごいお手入れされているんでしょうね
感心しきりでした


数時間もゆっくり見ることができたので、満足でしたが、
それでも、撮ってきたたくさんの写真を改めてみると、見逃していた花や
楽しい風景をまた発見することができて・・・とにかくたくさん撮影したほうがいいですね!
こういうイベントは。


お庭作りの参考になりそうですけど、ここまでのレベルに達するには
かなり勉強しなければ!
最近、"植物"にはまりつつあるので、また行きたいなぁと思うこの頃です。
| あゆっち | 16:53 | comments(0) | - | - | - |
イギリスでおすすめのこと
JUGEMテーマ:旅行

合計すると8ケ月ほど滞在したイギリス。
車や列車、飛行機で週末旅をしましたが、イギリスに行く前とその後では
印象がずいぶん変わりました。

最初は・・・全然魅力を感じてないイギリスだったのですが、
音楽も、探偵ものも、サッカーも好きじゃないし。
食事もまずいって聞いてるし・・・

でも、ちょっとした生活、そして観光として滞在したイギリスは今思うと
いいところでした(^^)

イギリスにはたくさんの運河があって、ナローボートという船で
その運河をめぐる旅、そしてそのボートに住んでいる人たちが多くいます。

ロンドンでは見かけませんでしたが、ちょっと郊外に行くとそのナローボートの姿をよく見かけます。
室内は寝室やキッチンやリビング。屋根でネコを飼っていたり、自転車が乗っていて、行った先で散策したり・・・
ちょっとした冒険気分、そしてゆったりと船旅を楽しむ!
やってみたかったのですが、まとまった期間借りれなくて、

日帰りナローボート サイトで探してみると、意外とたくさん貸出ボート屋さんあります

これはデイトリップ用の小さいタイプですが、けっこう広くて、キッチンとトイレがついています。

大人8人乗っても、ぜんぜん狭い感じしません。
お弁当持って、出発!

運転の仕方は最初に教えてもらいます。でもこれがけっこう難しくて、最初は
ぼこぼこぶつけまくり・・・
そして、数々の難関! 
橋を持ち上げたり、運河の水位が高いところへの移動など人出がいるのです。
慣れたら2人でできそうですが、なにせ、どうしたいいかわからないので、
皆で必死! でも、これが楽しいのですが(^^)


運河は船だけでなく、ハイキングしたり、自転車に乗って楽しんだり、
散歩したり、それぞれみなさん楽しまれています!
白鳥、あひる、かもや雁などの鳥たちもたくさん!
ランチのパンの切れ端をあげたりする楽しみも。

かわいい雛をみかけるのは5月ごろ


5月は菜の花の季節でもあって、日本よりちょっと朝晩寒いですけど、
ドライブには最高です 春から夏にかけて・・・
広い草原・・・
春は壮大な菜の花畑が広がる景色・・・ドライブが最高ですよね春から夏にかけて
車窓からはどこまでも続く菜の花畑!

羊の赤ちゃんもたくさん!あちこちに

日本ではマニュアルの車がずいぶん減りましたが、イギリスはATがほとんどありません。
右ハンドルの左側通行で運転しやすいのですが、
ランナバウトとハイウェイの追い越し車線は緊張します!
なにしろ、みんなすごいスピート 時速150kmでも、まくられるので走行車線、このラインでも100km/h超えは普通。
あと、カメラが多いので、街中のスピードは注意、バスレーンも走行するとカメラ撮影されていて
後日キップがやってきます・・・
運転はメリハリ!そして、マニュアルドライブを楽しむのがイギリス!というのが私の感想。

芝生の上が駐車場な所も少なくないです。ここでテーブルや椅子を出してお茶したり
優雅に一日過ごす人も見かけます。

おひざ元ですから、ミニはよく見かけますが、風景に似合います!

ドライブ先のCafeやPub、おしゃれなディスプレイや雰囲気の所が多いのも楽しみ!

春から8月の夏の終わりまでは、ドライブでも散歩でもあちこちで
花をたくさんみかけます、日本の花はすぐ散りますが、ほどよい気候なのか、
バラやチューリップがとても長く咲いています!雑草でさえ、華やか!


暖かい時期になると競馬も盛んに行われます。
当日券も含め、ネットで事前予約もできますし、
気軽に楽しむことができます。
紳士淑女の社交場でもあるので、みなさんおしゃれしてきます。
カジュアルな格好の人はほとんどみかません!(場所によるかも)

広々として、とってもきれい♪

日本で昔、友人に連れられて行ったぐらいなのですが、
大きく違うのは、ブックメーカーから直接購入できることです、彼らの予想、つまり
オッズもそれぞれ異なっていて、自分が購入する馬券の種類や賭け方が決まったら、
一番掛け金がいいところを探して、購入する感じです。
賭け方がうまいと、けっこうな確率で勝つようです、旦那は理系で計算や仕組みを
考えるのが好きなので、初めての競馬でしたけど、慣れてくると作戦だてて、最後は
ほぼ勝っていました!
ただ、ラッキーなだけだとは思いますが、私はパドック見学で
馬体重とか、見た目で選んでいたので、ほぼ負け(=_=) 

すごく近くのところまで近寄って見れるので、大迫力!
恥ずかしいのも忘れて、私は貼りついて見てましたよ!

競馬場にはレスランもありますし、演奏会があったり、カジュアルな食事も楽しめます。
一日かけて、のんびり過ごすイメージ。

日本の競馬のイメージとはかけ離れています、有名な場所や大きなレースだと、
華やかな社交場になるので、おすすめです!

週末はたいていの場所でマーケットが開かれます!
それぞれ趣向があって、見るだけでも楽しいです!アンティークなものが好きな人には
かなりおすすめ。これがこんな安く?というようなものがけっこうあります!


食べ物関係も多くて、ファーマーズマーケットでは、新鮮な野菜が安くて
手に入りますし、屋台もあります!
週末は街散策すると、たいてい何らかのマーケットに出会える確率高いですよ。

イギリス人は紅茶好きというのが私のイメージでしたが、
コーヒーがメインなんですよね・・・CAFEがあるのですが、コーヒーがメイン。
イギリスに行く前は、いつも紅茶を勧められて、ハイティーなんかしょっちゅうやってるのかと
思ったら、全然でびっくりしました!

なので、ハイティーをしたいときは、それなりに探すことに。
観光地にはありますが、それは観光客相手なので、あまりお勧めしない内容です。

コツは伝統あるホテルのティータイム狙いじゃないでしょうか・・・
そのハイティーは味、雰囲気ともすばらしく、大満足!これぞ”英国”という感じです。←勝手な思い込み(^^ゞ

みなさん時間をかけて、上品に楽しまれている雰囲気の中、普段はセカセカの
私もゆったり気分。

特にロンドンですが、ホテルはすごく高くて、その割には朝食はいまいちです。
1泊5万円ぐらいまでのホテルだと、本当にその内容は期待できない!
価格に見合っていないと思います。

そこで、朝食に数千円払うぐらいなら、CAFEがおすすめ。チェーン店は
日本のコンビニのごとくあちこにあります!
ここはPRET 安くておいしいです! これは頼みすぎましたがけど、ブランチとして。
白カップはオートミール

ビジータイムを外せば、のんびりいただけます(^^)

日本の南部鉄瓶を時折みかけます、ここは大英博物館
イギリスの博物館は日本のすばらしい工芸品をみかけます、特に根付は
日本のコレクションより多い気がします!


イギリスはPUBなしで語れないぐらい、たちこちにそして、その個性もいろいろ
わたしもいろんなところに行きましたが、トリップアドバイザーで評価の高いところや
地元の人がたくさん入ってる所は、雰囲気も味もいいです!

観光地で適当に入ると、ハズれます・・・何度も経験済み

私はアルコールが飲めないのですが、そういう人も全然来ているので、
カウンターで暖かい紅茶を注文しても普通に出してくれます!
旦那さまはサイダーが好きで、いろんな種類を飲んでいました、日本ではあまり
みかけませんが、あるといいですね。飲みやすくてフレーバーも個性があって
ものによってはアルコール臭もそれほどしないので、私も楽しめました。

気軽にピクニックもできます!焚火やBBQは私が知る限りではほとんどの公園などで
可能でした。ロンドン市内はダメかな?
炭と着火シートが入ったお手軽BBQがスーパーなどでも売られています。
それ持参で、気に行ったところで BBQピクニック!

イギリスで焼おにぎり・・・ふつーにおいしいです。

なんだ、ダラダラと書いているので疲れてきました~

次回は滞在が長かったオックスフォードのことでも書いてみようかなぁ・・・
| あゆっち | 15:29 | comments(2) | - | - | - |

旅の日記へ戻る

Entry

Category

Link

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode