Entry: main  << >>
ギリシャ アテネにて
古代文明の傑作が惜しみなく展示されている、国立考古学博物館。
古代のすばらしい文明を感じさせてくれる展示物、展示方法の工夫、写真撮影OKの自由な環境(?)、時間をかけてゆっくりと堪能することをおすすめします!



中央入口から真っすぐ進むと
シュリーマンがミケーネ遺跡で発掘した黄金マスク”アガメヌノン”が!
何ともいえないオーラがありました。
歴史で習ったな〜


ミケーネ文化(紀元前20〜21世紀)の高度な品々。



鮮やかな色彩が残る絵。


黄金の冠。繊細な細工が施されていました。
空中に浮かべた展示方法がおもしろい。



<彫刻の展示物>
アルカイック期、古典期、ヘレニズム彫刻。
写実のすばらしさに驚きました。また大きな作品も多く、当時の文化の高度さを見せつけられました。

ポセイドンのブロンズ像


アフロディテと牧羊神の像



アルカイック期のクーロス像。






















後で訪れるパルテノン神殿のレリーフの一部。



<陶器の展示物>

このタコの絵!教科書で見たことあります!


ギリシャ神話のモチーフがほとんどだと思います。
なんだか少女マンガのような絵、本当に紀元前のものなのでしょうか・・・




よく見るとイルカの絵が。細長いお皿(?)は使い勝手よさそう。


大きな壷から大量の小さな壷がでてきたようです。

















<ブロンズの展示物>
繊細な描写、想像上の被写体、今までみたことない展示物に
とても感動しました!

手のひらに乗るサイズのブロンズ像たち。
神秘的な偶像が多い、詳細を読んでも"unknown"。でしょうね・・・






撮影自由の博物館。長い旅だと、その時の感動を忘れてしまいますが、
写真で残すことができると、後で思い出してまた感心したり。
ギリシャはいい所ですね。
しかも、この日は入場料が無料でした。


地下鉄の駅から歩いて10分ぐらい。
ツアーだと駆け足で見学になりますので、個人で行かれることをおすすめします。
実は、このあと、博物館の近くでスリに会いました!
運よくスリの手をつかんで防いだので事無くすみましたが、
ぜひご注意を!
| あゆっち | 17:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment








Trackback

旅の日記へ戻る

Entry

Category

Link

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode