Entry: main  << >>
スリランカ_シーギリヤ

キャンディー滞在3日目
スリランカの中央は世界的に有名な遺跡があり、またそれを訪れるのも
車をチャーターする価格が安く、気軽に廻れることができます。

アールズリージェンシーホテル スタッフに相談すると
ワンボックスをチャーターして、ドライバー(兼ガイド)、一日で13000Rp(1万円ぐらい)

車は7人ぐらい乗れますが、私とYさん二人で贅沢な空間
ACもバッチリ効きますし、ニゴンボからキャンディーまでのバスに比べると
ずいぶんラグジュアリーです!

いつもながら、あまり下調べをしていない私たち、
ドライバーさんにすべてをおませして、有名なポイントを廻ってもらうことに

スリランカといえば、あらゆる香辛料やハーブが有ることが有名ですが、
その豊かさを知るのにはハーブガーデンが便利です。
道中にいくつも見られますし、内部でなく沿岸部でもハーブガーデンはあります。


あくまで観光用ですが、あらゆるそれらの苗木や植木をみることができ、
説明するガイドさんも熱心
それもそのはず、最後にはドネーションボックスにお礼のお金を入れることになっており、
金額はお客様次第なんです。


いろんなハーブや香辛料の原料となる木や、その葉や実などを手にとって
香りをかがせてくれたり、特徴を説明してくれます。
1時間以上の説明で、早口の英語に私はすっかり脳がついていかなくなり、
Yさんにまかせっきり

マッサージをしてくれるスタッフもいて・・・そのお試しもYさんにお願いしました


最後には、お店に連れて行かれるのですが、観光価格です。
でも、さんざん楽しませてもらったので、ねぎらず
わたしはアーモンドオイルのクリーム、(乳化剤が入りすぎて使いにくかった・・・!)
Yさんは、ダイエットができるという魔法の飲み物(信じられないぐらい不味いらしい)

とにかく、珍しかったので、楽しい経験となりました。
それにしても、スリランカ内部は植物にとってすばらしい環境なのか、
世の中にある香辛料やハーブはほぼ栽培できる状況に感心しました。

仏教国スリランカ
過去から現在まで多くの仏像が作られ続けています。

現在の仏像さま 大きい― まぶしいー




岩の内部をくり抜いて・・・

涅槃像


とにかくたくさんの仏像 とてもありがたい場所です

アジアではよくありますが、こういった寺院は靴を脱いでお参りです

猿がたくさんいます!
とってもいたずらで、食べ物を持っていると確実に狙われます!
アイスクリームを持った日本人のカップルが相当困っていました。


同じ仏教がメインの国、日本とはまたその造形物がずいぶん異なります!
ここではありがたさを、形にして表すのが重要だと考えているように思います。


近くのレストランでカレーの昼食を頂いたあと、すでに1時を過ぎていましたが
今日のメイン、シーギリヤへ向かいます


ドライバーさんが道をあちこち行ったり来たり・・・
どうやら、整備することが多いようで、出入り口もよくかわるみたいです

正面から・・・

ひやぁーすごい!
エアーズロックみたい
それが、緑の中に埋もれているのがまた不思議な感覚

そして、見ているあの岩の頂上へ訪れることができるのですが・・・
至るまでには、もちろん階段と登りの連続

でも、それほど暑くなく、清々しい緑の中の階段をゆったり歩くのは
楽しいものです

苔むしていて美しい・・・!


といっても、やはり登りが連続に続き、皆休憩しながら・・・


有名な美人画は途中の洞窟で出会うことができます!




狭い空間なので、次の人のためにさっさと退散。
それにしても、もう少し規制しないと、こんなに人が多く来ると壁画に
何らかの影響がありそうなのですが・・・

美人画が有名ですが、この後の頂上を目指す道のりの方が印象的でした!


頂上付近は風が強いので、スカートやサロンは要注意です(!)


鉄階段もあります


上って・・・上って・・・




頂上です!


ここは昔、王宮があったそうです!


見晴らしは360℃!気持ちいい!

岩の上は想像以上に広く、ため池もありました


私たちは現在の階段を利用して登ってきましたが、
王宮があった時代はどうやって上って来たのでしょうか・・・
このような刻んだ個所がいくつもありましたが、これを足掛かりにして登ったと
ガイドブックにはありますが、命がけですよね!?



気持ちの良い頂上を堪能した後は、下りの連続!


最後に有名なライオン足のそばで記念撮影


こちらはとっても広くて、歩く時間が相当長くなります!
汗もたっぷりかきますので、飲み水を持って出かけてください
私たちは持っていなかったので、とっても喉が渇きました

この岩の周辺も遺跡になっていて、移動するのに本当に歩かされます!
ただ、広くて気持ちの良い場所なので、時間をかけてゆっくり訪れると最高です!





| あゆっち | 17:14 | - | - | - | - |

旅の日記へ戻る

Entry

Category

Link

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode