Page: 1/1   
お一人様スキー旅

JUGEMテーマ:旅行 一人旅 スキー

 

2泊3日 おひとり様スキー旅。

 

家族では何度かお世話になっている宿に「今回は一人なのですが、いいですか?」

と尋ねると、快く迎えてくれました。

 

一人旅を楽しめる旅館やペンションは探してみると意外と少ないですし、

スキーとなると持参する道具や駐車場などいつもの旅より準備や心配も増えるもの。

今回は顔見知りの宿+スキーレッスン(3日間一人でぐるぐる滑ると飽きる!?)

 

Mt乗鞍スキー場まで歩いてすぐの ツインマーベルグハウスさんです。(ベルグさんと呼んでいます)

夏の爽やかな高原滞在先として夏に人気なのですが、スキースクールの手配もしてくれる 

スキー宿としても、抜群の対応の宿です!

雪降る景色での撮影、ちょっと寂しい感じですが、こじんまりとして温かみがある

とってもステキなところです♪ 

 

屋外に温泉。お部屋数が少ないので、2つある温泉は貸切でゆっくり入れます。

天然温泉のかけ流し!薬臭くなくていいですね。小さいですが、露天もあります。

いつも迎えてくれる柴犬 寒くても平気なんですね。雪が頭に積もっても、

そのままお昼寝?してました。

 

今まで3タイプのお部屋に泊まりましたが、どのお部屋も落ち着ける空間。

予約は直接電話で、お部屋のタイプはお任せにしています!

シャンプーや化粧水類も上品な選択で、ベルグさんのを頼ってもOKですね。

Wifiも文句なくスムーズ。

もちろん、スキーにおける設備はバッリチです!乾燥室も使いやすいですよ。

 

ベルグさんの人気ポイントのひとつ!お食事!

たっぷり温められたお部屋で、ゆったりとお食事。

今回はコースタイプで、順番に食事がサービスされました。

 

お一人様は私以外にも。わたしはプチ常連なのですが、数十年の常連さんも!

ベルグさんはファンが多いので、本当に常連さんが多いようです。

かといって、スタッフの方は常連さんにべったりではなく、皆に温かいおもてなしを

とても上手にしてくれるので、一人でも、カップルでも心地よく過ごせます!

大型ホテルや、超高級旅館やホテルだと、落ち着かない私。

カジュアル過ぎたり、寝るだけみたいなのは、もちろん避けたい。

ここちよい贅沢を静かに楽しめるベルグさんにいつも感謝。

 

とってたくさんお料理を出してくれるんですよ。

しかも、地元のお野菜(長野県)をふんだんに使ってくれて、お魚もお肉も

スープもどれも、とってもおいしい。

 

和風も!

 

食事や温泉を楽しんだあとは、だいたいの人は居心地の良いお部屋でゆっくり?!

わたしは宿にある雑誌や本と読むのが大好き。

普段は、本屋さんに行っても手に取ることもない本を読める機会。

ベルグさんは多種多様な本がずらり〜!

もちろん読み切れませんけど、読書の楽しみも魅力の一つ。

 

飾られてる雑貨もとっても素敵なんですよ!これは手作りかなあ〜

ガラスや木製のかわいい雑貨類もあちこちに配置されていて、雑貨ブーム時代

それなりにハマっていた私はそれを見るだけでも楽しいです。

 

2泊3日だと、3日間、毎日コンディションの異なる滑りを楽しめます!

特に2月の雪質は最高ですね~ パウダーです。

素晴らしく晴れた日も!

 

2月は雪の日が多いみたいです・・・

朝起きて、玄関を出ると!夜に積もった雪を楽しみ、リフト乗り場へ速攻!

リフト乗り継ぎ、スケーティングもいりますけど・・・

カモシカコースへ・・・ わー!平日で空いているので、貸切で深雪を楽しめます!

スキーは子供のころからスキー流行り時代まではそれなりに滑っていましたので、

ある程度は楽しめるのですが、20年ぐらい滑っていなくて、スキーを再開すると

カービングタイプに!(←今更?ってびっくりすると思いますが)

どうも、板の使い方がわかってないようで、2年ぐらい前にATOMICを買って

滑ってるものの、しっくりこない。

 

そこで、今年はスキーレッスンを受けてみることに。

友人からも「滑りが昭和」とは言われていたので、気になっていたのですが、

レッスンの先生に最初に見ていただいたときに

「カービングスキー時代になる前の滑りですね」やっぱり・・・

先生(右)と2日目ご一緒だった、常連さんのMさん

 

レッスンって、初めて受けるですけど、もう聞きたいことやりたいこといっぱいで!

全部は無理だろうと思ったのですが、3回のレッスンで、ほぼ希望どおりに。

教え方の上手い先生はいいですね。

 

●カービングスキーの特性を知る(あきらかに扱いがわかっていない)

●カービングスキーのコントロール方法(環境によってすごく滑りにくい)

●疲れない方法(スキーすると、やたら疲れる。普段運動してるのに)

 

最初はなんと!すごい緩斜面で、ボーゲン(懐かしいー)から始まったレッスン!

たくさん聞きたいや、疑問はあったけど、先生の言う通り、

まずは指示された1つを忠実にやってみる。

指示通りやっているうちに、カービングの板の反応がちょっとづつわかってきて、

レッスン終了後も、リフトが止まるまで、練習練習

ターンのたびごとに確認しながら・・・なるほど〜

 

時折、右ターン時にひっかかりを感じていましたが、理由がわからなくて。

その癖も先生から指摘されて、教えてもらった一言で直ってしまいました!

プロはすごい!

翌日のレッスンでも、順序だてて丁寧に指導されます。

私の滑りで疲れる理由の一つに、滑りが雑なところを指摘され、

それも意識して丁寧に丁寧に。

最後はウェーデルン(さわりだけ)まできっちり教えてもらえました!

 

ひゃ〜たった、3回のレッスンで、こんなに滑り方が変わるとは!

もちろん、まだまだですが、夜はイメージトレーニングして、

翌日滑ると、とても滑りやすい。

 

本当に基礎、最初から教えていただいたので、今後どう意識して練習するべきかも

わかった!・・・ような・・・

 

今回は、無圧雪エリアでのレッスンはなかったのですが、リフトが動いたので、

3本ほど滑ってみました。う〜ん、滑りやすくなってる!雪面と板の相性、

無理やりこじないで、雪面に合わせていくとこんなに違うとは。

しかし、まだまだなので、次回はこのレッスン受けたい!

ベルグさんに予約するときに、レッスンの希望を伝えるとよいと思います。

 

お一人様スキーの充実に近づいた今回の旅。

中年のおばさんなんで、「一人で行ってきた」っていうと、みんな「え!」っと微妙な反応。

ただ!スキー場では年齢はバレない!ゴーグルとスキーウェアは年齢を隠す!(たぶん)

 

宿はやはりカップルやグループのほうがご商売になると思いますが・・・

お一人様もこれから増える(?)時代、受け入れてくれるところが増えるといいですねぇ

 

春休みになると、大阪から甥っ子と一緒に楽しむスキー

小学生の足腰はすごい!!!身も軽い〜 

| あゆっち | 16:35 | comments(0) | - | - | - |

旅の日記へ戻る

Entry

Category

Link

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode