Page: 1/1   
ドイツ シュツットガルト 車ミュージアム
JUGEMテーマ:旅行
仕事がドイツ車がらみなので、イギリス滞在中にロンドンからわずか飛行機1時間半で到着する
シュツットガルトに行ってみました!
ヨーロッパって、飛行機で2時間も乗れば、あちこち気軽に行けるのは、本当にうらやましい~

有名なベンツも、ポルシェミュージアムも、駅近くで、メインの観光地ということものあって
とてもわかりやすいです。

ベンツミュージアムはベンツ好きでなくてもとても楽しめる内容で、
ディスプレイや建物の美しさも楽しくてかなりおすすめです。
平日でしたが、相当多くの人が訪れていたにもかからず、中は広くて観る者多くて、
人ごみが人一倍嫌いな私でも、ゆったりと見学することができてよかったです!

アンティークカーは芸術品そのものですよね~ うっとり・・・!


ベンツがいろんなところで活躍!みたいなコーナー。
真ん中のローマ教皇が乗るタイプが興味深々!
防弾ガラスに囲まれた背の高いベンツに乗って、教皇が手を振りながら群衆をかきわけて、
進んで走っていたのでしょうか・・・

旧から最新までの展示物、車の歴史、車の仕組みと発展・・・本当に盛りだくさん!
最低半日、そして、あまりじっくり見過ぎると、最後が疲れてきて、↓このあたりになると
ぐったりでした・・・

カフェなんかもありますが、慢性的に混んでいて、ざわざわしてるし、
午後から行ったので、スタッフもかなり疲れた感が出てて、そんなにおすすめではありませんでした。
味もふつーでしたし。

目抜き通りにもぐるぐると回るベンツマーク
道に迷ってもこれがマーク(^^)
この街は恩恵にあずかってるんでしょうね! 名古屋のトヨタみたいな感じ?


かつてポルシェ964Carrera2に乗っていたので、かなり楽しみにしていた
ポルシェミュージャム
空いていて居心地良かったです(^^)
ただ、ベンツミュージアムと違って、規模も小さいですし、ある程度ポルシェ好きで
なければ、単に車が並んでる・・・って感じ?!

歴代のターボが並んでぐるぐるゆっくり回っています
ヨーロッパでは、ターボとカブリオレやタルガが人気みたいですね
日本はクーペが人気ですけど、スポーツカーに対するスタンス違いですね

1Fのガラス向こうでは整備中を見ることができます


中はゆったりとしていて、全く混んでいません

右側、きれいな924 もう見かけなくなりましたが、イギリスでおばあちゃんが乗っていましたよ!

もちろん、触ってはダメなんでしょうけど、かなり接近できます!
しかも空いてるので、撮影もやりたい放題(?)
GT1


エンジンなどのディスプレイもかなりあります。
Kジェトロの説明なんかは、すごくわかりやすいです!
そして、マニアックなトーションバー

ということで、ポルシェ好きであれば、おおっ!という感じです。

ランチタイムだったので、レストランへ
ステーキがメインです

本格的なエイジングビーフで、焼く前に大きなトレイに肉をディスプレイしたものを
持ってきてくれて、説明があり、種類と焼き方など細かくオーダーを
とってくれます。 日本ではあまりみかけませんが、エイジングビーフはおいしいですし、
ヨーロッパ、そして私が滞在するイギリスでも日本より安いので、
おすすめです(^^)


ミュージアムレストランだったので、少し高かったですが、
雰囲気もいいですし、左側のガラス張りの壁の向こうはたくさんのポルシェが
ぐるぐる走ってるのが見れて楽しいです!
テーブルディスプレイもステキ

ベンツに比べると規模が小さいですが、ポルシェ好きならぜひ一度は
ゆっくり訪れたいポルシェミュージアムと、本社↓?


シュツットガルトで、夕方時間が余ったので、マーケットに立ち寄りました
駅から近くです

時間が遅くて、食べ物のお店が閉店で残念でしたが、
雑貨やインテリア類もあって、楽しかったですよ!




ところで、ドイツでも鼻炎やアレルギーで苦しんでる人が多いですね。
イースターの時期に行ったのですが、ぐずぐずの人見かけましたし、
薬局も日本同様、たくさんその薬がずらりと!


翌日は電車で2時間ほどのニュンベルグへ・・・
| あゆっち | 15:08 | comments(2) | - | - | - |

旅の日記へ戻る

Entry

Category

Link

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode