Page: 1/1   
最高!ブルーマウンテンズ国立公園 ハイキング
昨日の曇ったどんより ブルーマウンテンンズから一夜明けると
すっきり晴天!

気持ちも大いに盛り上がります!

昨日調べていた、谷を下り山際を歩く、NationalPassのコースへ
全行程4~5時間ぐらいですが、
ゆっくり食事したり、休憩したりしても4時間はかかりませんでした。

登山趣味で日本の山は有名どころはほぼ登っているので、
たいていの感動景色には慣れていますが

ここの景色は格別でした!!!
大大感動、絶対おすすめのコースです。


どこまでも続く、その名のとおりブルーの山々・・・山!!!
やっぱり広いなぁオーストラリア


大声で叫びたくなるような、壮大な景色!
と思ったら、あっちこっちで、叫び声が・・・やっぱりみんな同じ気持ちになるのね


とにかく、どこを歩いても、すごい景色のこのコース!





登山家の血がさわぐ!? ってかなりへっぴり腰だけど!






滝がたくさんありました
どの滝も迫力満点!




オージーはみんなとっても親切で、
「撮ってあげますよ」ってあちこちで声をかけてくれました
しかも、撮影が上手です・・・!




実は、石がツルツルで何度かこけそうになりました・・・




白いのは・・・オウムです!
ガー、ゲー、グェー・・・見かけとはちがい、ダミ声が谷に響きわたっていました


とっても整備されているので、距離は長いのですが、歩きやすいです。





あちこちに展望ポイントあり



たいだいの地図を入り口にあるマップで頭にいれれば、地図は不要です



National Passだけだと、物足りなかったので、追加でいろんなコースも歩いてきました。
結局、9時間以上歩いていました!

昨日見た、どんよりスリーシスターズも今日は元気そう!
晴れと曇り(または雨)だとこんなに違いがあるので、数泊して天気のよい
ブルーマンテンズを堪能することをおすすめします!


ベンチなどは少ないので、そこいらに座って休憩です。



私の大好きな鳥もあちこちに!

ピンクとグレーのオウム!信じられない・・・これが野鳥だなんて・・・


「珍しい鳥がいるよ」 指をシッーっと立てて、おじいさんが教えてくれました、
夕方近くだったので、もう寝る時間なのでしょうか・・・
名前はわかりませんが・・・



カラスでしょうか・・・
数多くいました


急な坂を下り昇りする乗り物
どの乗り物も1時間以上待ちの行列だったので、全部あきらめて
とにかくハイキングを堪能した一日でした



また行きたい!世界遺産ブルーマンテンズ
日差しが強いので、サングラスと帽子は持参ください・・・
夏でも、気温が低いので、上着も要です。

| あゆっち | 14:23 | - | - | - | - |
ブルーマンテンズのゲストハウス B&B
寒い冬、日本からやって来て降り立ったのは真夏のシドニー
日本の暑さと違って、カラッとして過ごしやすそう!

今日のうちに片道2時間ほどの、ブルーマンテンズに移動です。
オーストラリアではレンタカーは必然ですね!


ここで、トラブル!なんと、ガイドブックを飛行機に忘れてきて
しまったことに、車にのってから気がつきました・・・
事前に地図を見ると、簡単な地図だったので、カーナビなしの車を
借りてしまっているし・・・、
でも、今回のトラベルバディーのYさんも、わたしも"何とかなるんじゃない"っていう感覚の持ち主なので、
本当に適当に出発しました!

結局、国道にでるまで30分ほど迷いましたが、
Yさんのスマートフォンのナビと、Yさんの天才的土地勘
のおかげで、無事国道に乗り、ブルーマンテンズには到着!
(私は、すごい方向音痴です・・・)
大きな看板に何度もサインがあったので、途中からは簡単でした


道も広くて走りやすい!・・・Yさんの運転ですけど


今日はあいにくの曇・・・今回は2泊するので、ハイキングは明日にすることに、
有名なEcoPointのスリーシスターズを見に行くことに


駐車場は道端が全部そのようで、適当にとめて、パーキングチケット
購入。車窓から見えるようにおいておきます。

小銭がなくても大丈夫です、クレジットカード使えます。

こちらが、有名なスリーシスターズ

ものすごい人ごみでした

気温が上昇するとユーカリに含まれる油が気化し空気中に広がりブルーがかって見えるらしいのですが、この日は気温が20度をしたまわり
とても寒く、止まっていると、震えてしまうぐらい寒かったのです。


お昼を過ぎたので、本日の宿泊先にとりあえずチェックイン
中心から少し離れた町の小さなB&B


ドアが閉まってる・・・!?
ドアに張り付けている紙に、用意がある場合は電話をください
と電話機もあったので、チェックインをしたいと申し出ると
しばらくして、とってもかわいいおばあさんがやってきました。

Cathyさん、とってアバウト(!)です。
予約のバウチャーも確認しないで、部屋を案内してくれました。
私は初めて聞く、オージーの早口英語!
Yさんが話してくれたので、ちょっとホッしましたが、これから約2週間
オーストラリア英語の発音を聞きとれるかとちょっと心配。

受け付 無人なので用事がある場合は、電話で連絡します


この小さなホテルは、Cathyさんと旦那様二人でやっているようで、
素敵なホテルです!


居心地がよくて


手入れの行き届いたお庭を散策したり




翌日は、私が使ったティーパックを多めに用意してくれ
ちょっと感動♪


暖炉、夜は夏でもヒーターが必要でした。


朝食時、このベランダで


すばらしい景色と、きれいな庭を眺めながらの朝食は最高でした!


2泊だけでしたが、居心地がよくて、親切で、静かで心からゆっくりできました
ついでに朝食も半額のサービスまでしてもらって、大大満足でした

午後からは車で散策
町は小さくて、かわいらしいのですが、特にこれといった名物もありませんでしたが、静かでゆったりとした感じ



街中にある交差点、信号はなく、ぐるぐる廻って、行きたい方向に出る・・・
オーストラリアのこの道のシステムさえな慣れれば、
運転は困難ではありません。




猟や漁(ゲームフィッシング?)で獲った動物のお肉のお店


どこも庭がきれいでした


立ち寄った、スーパーの休憩用ベンチに トラベルブック


トナカイに扮装した車、赤い車はこの角と赤い鼻がついているものが
多かったです!


朝到着で、移動、ホテルチェックイン
曇り空で、有名ポイントを何となく見学して
街を散策 初日は疲れと緊張もあって、二人して静かに過ごしましたが

翌日は、快晴!
ハイキング趣味の私たちにとって、実はとってもすばらしい
コースを体験することができたのです!
| あゆっち | 13:11 | - | - | - | - |

旅の日記へ戻る

Entry

Category

Link

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode