Page: 1/1   
北海道トマム スキー旅行
久しぶりの羽田空港、スウィーツが充実していたり、ショッピングも楽しめる雰囲気、チェックインもネットからできることでスムーズ
旅の玄関となる空港が盛り上げてくれるとより一層、旅が楽しくなります


おもちゃの収集で有名な北原さんのお店も!早い時間で見ることができませんでしたが、ヒットラーのお尻が針刺しになったおもしろいディスプレイ


冬晴れの快晴 飛行機からの景色
びっくりです、ここは日本かと思うほど、大自然!



雪山をみて、ますます今回のスキー旅行が盛り上がります♪

トマムまでは、列車の特急で約1時間
さすが観光地だけあって、すべての移動がスムーズで簡易!
列車も素敵でした!


車窓からも北海道のでっかい景色!旅情を味わえます


指定席でしたが、にぎやかな車両でしたので、抜け出して探検すると
静かなラウンジを発見!このあと、小さな子供がやってきて慣れた感じでおいていたおもちゃで遊んでいました。


その横で、駅で買った店員さんお勧めの "ホッケ貝弁当"をいただきます
貝からじんわりと旨味がでて、あっという間にたいらげてしまいました


この電車、充実してるのですが、レストランも売店も自販機もないので、お茶を買い忘れてしまったこと、大後悔でした・・・!

小さな無人駅です、このトマムリゾートのために造られたのですね
まさにバブルの遺産・・・


駅に到着すると、今回宿泊するガレリア・スウィートホテルへのバスが待っていました
バスで約10分
32階まであるホテルがそびえ立つ景色が目に飛び込んできます!
手前は、タワーホテルです
ま・・・まさにバブルの遺産!
これだけの施設、いったいいくらかかったのだろうか・・・




ホテル入り口ではこんなお出迎えが・・・何度も人と間違ってびくつきまhした(笑)


ホテルのフロント、広々として、窓が多い分明るくてよい雰囲気


どうやらトマムのキャラクターのようです、あちこちでみかけることに
売店ではグッズも売っていました


廊下の左右もガラス張り 部屋もそうでしたが、
曇ることもなく、汚れもなく景色が楽しめるようにきれいにされていました、これだけでもたいへんだと思います


閑散期ということで、レストランがすべてしまっていたことは(朝食用は開いていました)残念でしたが、必要最低限のものが購入できる売店や24時間のセフル(コーヒーメーカーあり)のラウンジ
過剰でないサービスが心地よく、静かに過ごせるホテルでした


部屋は想像以上に広く、26Fだったこともあり絶景でした♪

リビング


寝室 シングル2つとダブルのベット1 広々!


すごいのがバスルームでした(さすがバルブ時に造られただけある!)
ジャグジーはアメリカ式で大きくて、大人が数人はいれます!
目の前の窓からはスキー場などの景色を楽しめます


シンメタリーの洗面台 当時は珍しかったと思います


左手前に写っていたのはサウナです。大人が楽に2人入れます
ガラス張り、予約タイマーもあってしっかりした造り 

どの部屋、ジャグジーからも眺めることができる一大リゾートスキー場
バブルすぎる風景!




ナイターは16:00-17:00 点灯するスキー場
時間とともに変化する窓景を眺めながらジャグジーでゆっくりする時間は
まさに贅沢です


夜は食事のために移動した先で、おもしろいものを見つけました

アイスビレッジです


氷で作られた建造物や、協会、トンネルや滑り台など、子供は寒いのに一生懸命遊んでいたり、犬ぞりがあったりで楽しい雰囲気


氷の教会の一部です 実際に結婚式が行われるようです


ここでは氷のグラスを自分で作ってお酒やソフトドリンクで楽しむようです

後日来る予定でしたが、疲れて早く寝たため来ることができませんでした

氷に照明をあてたトンネルはオーロラ色


犬ぞりです、人気があって何周もしていましたが、犬たちはそれが楽しそうに走っていました!






今回のレンタルスキー アトミック 
昨年モデルらしいのですが、すごくよかったです♪
靴も密着ありで満足
いろんなことが進化しているのですね〜


到着した日は快晴だったのですが、翌日滑る日はどんより曇り空
途中で吹雪いたりで、ほぼフードをかぶっていったい誰だかわかならない状態


ゴンドラもいつも空いていました、並んだのは2〜3回ぐらいで
吹雪いている時は助かります


ゴンドラ降りてみると標高差 高い〜!
ここからのコースはいくつもありましたが、わたしのお気に入りは
一気に下まで降下できるグローリーというコース 3日で何回も滑りました
とにかく、気持ちのよいコース!


ゴンドラより更に上を目指すのがこの一人乗りリフト
1200m以上の高さまで連れて行ってくれます
しかし、本当に誰もいなくて、とても静か・・・


頂上は人がすくないこともあって、新雪であり深雪
どこがコースがわからないぐらいです!


明らかに下よりも寒い! 木も枝までびっしり雪に覆われていました


最上級限定コース! 途中で撮影
パウダースノーだけあって、滑りやすいので、急斜面やコブもグイグイ滑れます♪ ただ・・・運動不足のおかげで一気に下りることができず途中で休憩撮影


こんなに空いてて、気持ちのよいゲレンデは初めてでした
あまりの贅沢に感動しました!
混んでるゲレンデだと、リフト待ちもたいへんで、せっかく登ったからということで、ケチケチ滑っていましたが、今回は、もうカービングスキーってこともあって、贅沢滑り♪






決して快晴ではありませんでしたが、3日間、曇りと時々晴れで天候にも恵まれたように思います
今思い出しても、本当に気持ちのよいゲレンデでした


日が沈むのが早く16:00でリフトは終了です、でも1日券があれば
ナイターも可能 ・・・ 
ゲレンデで暮れる太陽を見る景色もGoodでした
のんびりコースで滑りながら撮影


見にくいですが、ゴンドラから撮影したキッズたちのコース
小さな子供が楽しそうでした


トマムのキャラクター 名前なんだろう?!


久しぶりのスキーで、バブル時代では手が出なかったリゾートを
堪能できました。しかも、かなりリーゾナブル
高級旅館2泊ぐらいの価格で、飛行機+列車+ガレリアスイートホテル4泊5日
同じところに行くのがあまり好きじゃないのですが、
もうスキーはここ以外考えられません
それに、やっぱり空いている時期がいいですね

ただ、レストランが閑散期ということで、閉鎖されている箇所が多くて残念でしたが、トマムがずっとあってほしいので、少々の我慢はお客さんたちもすることで、ぜひ星野リゾートさん、維持してほしいと心から思っています!
| あゆっち | 21:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

旅の日記へ戻る

Entry

Category

Link

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode