Page: 1/1   
アジアリゾート セブ島プルクラホテル
ブログで紹介するのは初めてですが、実は、アジアリゾートがとっても大好きです♪

今回のセブ島プルクラホテル6日間は、とっても居心地がよく、静かでのんびりした時間をたっぷり味わうにはぴったりのホテルでした
今年流行の、安近短にはまさにぴったりの旅行

http://www.pulchra.co.jp/

成田から直行便で、昼過ぎに離陸しても夕方遅くにはホテルに到着
プルメリアの花飾りプレゼントを首に、部屋に案内される
ホテルのキーについているオウムがかわいい!
部屋のあちこちにプルメリアが飾ってあり、芳醇な香りに満たされて気分も盛り上がります♪



驚いたことに、チェックインからチェックアウト、そして部屋の掃除やほかの用事にいたるまで、専用のスタッフがついてくれる
私たちの担当はローエルさん

部屋のレイアウト↓



床は大理石、部屋に段差があることで、空間の広がりが感じられます
もちろん、中も外も裸足で歩いていました


蚊帳つきのベット
実は、うっかり、戸締りを怠って蚊に大量に刺された日があるのですが、
蚊帳をしっかりしめていたのに・・・!
よく見ると、上はあいているのでした・・・
蚊は上から進入してきたようです
結局、夜中に絶えれなくなって、虫除けスプレーを体にふりまきました・・・(疲れた

ちなみに、蚊取り線香はまったく効きませんでした
煙がくさくて喉がいたくなっただけ・・・!
夜中にトッケーが部屋の外で中でも全快で壁にはりついた虫を食べまくっていましたが、蚊は食べないのかなぁ?!





女性の置物・・・なんか怖かった・・・


ジャグジーです♪ぬるま湯にして長時間つかるにはぴったり
十字型で横向きはいるとしっかり寝転べて、かなりくつろげます
ただ・・・お湯の蛇口が調子悪くて、ちょっと力をいれてひねるとポロっと取れてしまい、びっくり!よくみるととってもちゃちい造り・・・ここらへんがアジアっぽい
すぐ直してくれたのでよかったのですが、やっぱりこの蛇口は使うときとっても神経使いました


ベランダはかなり広く、テーブルのセットもあり、ルームサービスはこちらでもいただきましたが、くつろげます・・・


プライベートプール
のんびりしすぎると太るので、このプールで50周歩行・・・!


昼はスズメに似た小さな鳥が水を飲みにきたり、
夕方からは蛙の集会場所にもなっていたプール


とにかく人が少ないのと、わたしが滞在した6日間はオール日本人のお客様だったってこと
スタッフも日本人がいましたが、ほかのスタッフは英語のみです
これだけ日本人が多いから、スタッフも日本語話すのかと思ったのですが、挨拶ですら、英語のみ。なにかこだわりが・・・!?

誰もいないプール、昼でも膨大な広さのプールに4人ぐらいしかはいっていませんでした









かやぶきの建物はインターナショナルメニューが楽しめるレストラン

混むことは決してない空間・・・!


夜・・・!


プールに入りながら、ここではフィリピンの伝統的なデザート(?)
ハロハロ。ココナッツミルクのなかにアイスクリームやその他もろもろ。あまり冷たすぎず、甘すぎず、なおかつ豆らしき栄養がある?と思われる内容物。好きかも・・・


朝食をいただくレストラン 夜はアジアレストランになります
フィリピン料理もいただけます


ホテルのまわりは何もないので、(街も車で近くて20分)
食事はホテルとなりますが、ルームサービス24時間
地元のレストランに比べると高いですが、日本のホテルよりは安く
3つのレストランがあるので不便さは感じられません

海は人工ビーチ
雨季の割には、空が青く、海も反射してきれいな景色が楽しめました





夕食をこんな感じで楽しむのもいいですね。
できれば、ビーチつきの家を購入して毎日こんな食事がしたい〜


ホテル所有の船が着く桟橋を散歩
右側はパブリックビーチですが、とても泳げる環境ではありません
人工ビーチも、決してきれいではないので、ホテルに頼んで、ボホールあたりまできれいな海を見に行くほうがよさそうです。

宿泊客よりはるかに多いホテルスタッフ。
庭のお手入れも行き届いていました。








今回の部屋番号は14
シーフロントのコテージは外からちょっと見えやすいのですが、
ガーデンビューのコテージだと、工夫された植木の配置で
中が見えることがなく、プライベートを保たれているように思いました



無料シャトルバスを利用してセブ市内へ
シューマート。あまり期待していなかったのですが、世界のカジュアルブランドがテナントでいくつか入っており、スターバックスやマクドナルドなどあり、かなり広い店内はゆっくり見ると時間がかかります
1Fにスーパーがありますが、食材はインターナショナルで、日本のスーパーに比べ、かなり豊富な種類と材料に驚きました
セブ島に住んでも不便さは感じられないと思います


シューマートと呼ばれるだけあって、靴屋さんがたくさん
意外としっかりとした履き心地の靴も多く、思わず買ってしまいました・・・(買い物好きなので)


地元の子供たちに人気?お店はファミリーでいっぱいでした。
私の身長ぐらいある、マスコット。思わず入りたくなる!?


せっかくなので、フードコートで食事。お昼休みだったので、サラリーマンやOLさんに混じって、おいしそうなものをチョイスして食事しました。
チキンチョップ、ラーメン(?)、串焼き定食、飲み物で日本円にして¥500円ちょっと。かなりおいしかったです。
東南アジアの鶏肉って好きなのですが、ここセブ島のそれもしっかりした味付け(香辛料)に、少し甘みをつけていてかなり凝ったおいしい味です。


シューマートのB1はいろんな食材が揃ったスーパー
ドライマンゴーもすごい種類がいっぱい!!!
店員さんが NO1!とおすすめだったのがこれ
確かにおいしいです。日本でもみかける緑と黄色のビニールパッケージのドライマンゴーは繊維の筋があったりしますが、これはそれがなくて、もっちりしていておすすめです


帰りはシャトルバスは利用せず、タクシーで帰ることに
ところが、どの運転手もツアーデスクの人もプルクラホテルを知らない!
ツアーデスクで、ガイドブックからアドレスを調べてもらい、
地図をもらって、タクシー運転手さんに説明しながらホテルへ・・・
プルクラホテルって、マイナーなのかなぁ〜


ホテルまでは街を抜けて田舎道をバンバン飛ばして1時間。
それに運ちゃんがホテルを知らないというので、途中で説明するためにも助手席に座って、機嫌をとっていたのですが(運賃を安くする効果的な方法?!)、途中で車窓から見える大きなキリスト教会で話が盛り上がり、運ちゃんはクリスチャンと発覚、そしてわたしもにわかクリスチャンになりすまして機嫌をとることに・・・ただし、車内ではなぜかハングル語の説教&賛美歌を聴かされ、感想を求められてちょっとあせりました。


最後の夜は、ローエルさんにすすめられたホテルのフランスレストラン

部屋の雰囲気も、スタッフもほかのレストランより鮮麗されていて感じよく食事ができましたが、請求書見てちょっとびっくり!!!
う〜ん、次回来たら利用しないかも・・・
庶民舌なのか、今まで食べたほかのレストランのほうが軍配があがるかも(値段と内容を考慮したならばですが)

翌日、早朝の帰国便のために4時起き!
ローエルさん、朝早く起きてくれて部屋でチェックアウト
小雨の降る中、名残惜しい部屋を後にしました

部屋をプルメリアで飾ってくれたり、小さなお菓子を毎日そっと置いてくれたり、ローエルさんいろいろありがとう。



セブはマンゴー、とってもおいしかったです♪
朝にでてくるデザートの写真。
食べたくなるな〜
| あゆっち | 01:42 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |

旅の日記へ戻る

Entry

Category

Link

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode