Page: 1/1   
ギリシャ コルフ島にて
イギリスの植民地であったこともあり、ギリシャと西ヨーロッパの文化が混在している島。緑が多く、海も美しい。
この日も晴天!気持ちのよい散策ができました。
相変わらず迷いながらの散策で、よく歩きました・・・。

新要塞(ネオ・フルリオ)からみる市内と海の景色。


右奥の大きな建物は旧要塞。あとで訪れます!



要塞への石畳、大型の車でもしっかりと通れる頑丈な作り。


ネオ・フルリオ新要塞の全景。


要塞には野花が咲き、静かで平和な空間を作っていました。



ケルキラ(コルフ)市内を散策。
新旧が同居した街、旧い町はベネチア時代の面影を残している。


レンガが剥がれ落ちた年季の入った建物。


煙突に、木の扉の窓、築年数はどのぐらいなのでしょうか・・・
1階から這わせているブドウの木が屋上で素敵なブドウ棚に・・・!


人か自転車ぐらいしか通れない細い道、のんびり散歩できそう。


ギリシャ正教の神父さん、サングラスが似合ってました。


洗濯物、落書きもにぎやか。


道いっぱいに果物の柑橘な香り。


香ばしい甘い香りがすると思ったら!ラスク専門店。




迷いながら旧要塞へ到着。日差しがまぶしい〜


こちらの要塞も昇降はたいへんでした。


頂上から見える私たちのクルーズ船。
あそこまで歩いて戻るかと思うと・・・!がんばりました。


眼下に広がる青い海と街並。緑も多く肥沃な土地を思わせる。




おまけ

洗濯物の干し方が芸術的!?
空に描いた絵のようでした。


| あゆっち | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

旅の日記へ戻る

Entry

Category

Link

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode