Page: 1/1   
イタリア ナポリ ポンペイ遺跡へ
小学校の頃読んだニュートンでポンペイ遺跡を読んで以来、
一度は行ってみたいと思っていた場所。

想像以上に遺跡は残っており、当時の面影が随所に見られました。






美しい大劇場


競技場、中に入れます。


当時サウナや浴場があった建物の天井に美しいレリーフが見られました。


ヴェスビオ火山の噴火、わずかな時間で埋もれてしまった街。
逃げ遅れた人も多かったのでしょう。


有名な洗濯場の跡。この赤色は当時のものだと思いますが・・・!?


春の遠足が多かったのか、小学生や中学生がたくさん!遺跡が大賑わいでした。
とにかく暑い!この時期でこれだと夏は日射熱射病になりかねない〜。
そういえば、夏にここに来た人は倒れそうだったと言っていました。


ポンペイまではナポリ駅から電車で40分ぐらい。港からナポリ駅まで大きな通りを歩いて行きました。治安に関して有名なナポリですが、昼間はその悪さがわからない伝統的な建物が並ぶ、興味深い街並みでした。






大きな荘厳な木の扉には小さな扉があり、そこから出入り。中をのぞくと中庭、その庭を囲って建物がぐるっと。通りから入ると喧騒がうそのように静かな空間。


南イタリアは陽気なイメージをもっていたのですが、そのとおり、出会う人皆、ウィンクや笑顔で挨拶。
仕事柄、自動車に目がいきます、チンクの給油風景。
車道と歩道間に小さなガソリンスタンド。


小さな車が主流。合理的でエコ!?


ポンペイまでの電車。正直、昼間でもちょっと怖い雰囲気の駅でした。
落書きが多いものの、車内は全く安全な雰囲気。隣に座ったおじさんたちと通じない会話、少しぐらいイタリア語勉強すればよかった〜帰りは高校生の大騒ぎにびっくり、関西のおばんちゃんたちよりうるさかった〜


露天の帽子屋さん、ショーウィンドウを鏡におばさんが似合う色をてつけてかぶしてくれます。かぶり方もしっかり!教えてくれました。かわいいのがたくさん!どれも8ユーロ。もっと買えばよかった!日本ではイタリア製の帽子だと1万円以上で買ってるのに!


ポンペイの遺跡のほかに、カプリ島や市内に美術館、ナポリ特有の街並みなど見所が多いナポリ。今回は滞在が短くて残念。
ぜひまたゆっくりと訪れたい街でした。


おまけ

果物もおいしそう。

次回はピザをたくさん食べてみたいものです。









| あゆっち | 17:26 | - | - | - | - |

旅の日記へ戻る

Entry

Category

Link

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode